旦那です。

2月に描いたまとめ


───────────────────────────────────────────────────────────
───────────────────────────────────────────────────────────

悪意を持った人間との接し方



生きていると必ず出会う、悪意を持った人間
えーいいじゃんw とか なんでダメなの?とか
断っても断っても自分の思い通りに物事を運ばせようとしてくる

昔の嫁だったら、その②ぐらいの段階で諦めていて、きっとまだ付き合いがあったかもしれない



───────────────────────────────────────────────────────────
───────────────────────────────────────────────────────────

児童虐待 家の中での日常



児童虐待は許されないこと
だけど、実際どんな事が起きているのかを知らない人の方が多いと思う。

勿論家族ぐるみで隠そうとするし、被虐待児も呪縛を受けているので言いだせない。
だからこそ発覚し辛いし、ボーっと生きてる人からしたら、まさか自分の周りで虐待が起きている
なんて思わないのだ。


───────────────────────────────────────────────────────────
───────────────────────────────────────────────────────────

家の人の近況



先月起きた話。

人って変わらないんだな
一度おいしい思いをしてしまうと、それにすがりつこうとする。

こいつに、嫁はずっと怯えている
今まで沢山苦しい思いをしてきたし、戦う事もできない

見ただけでパニックになってしまうだろうし‥
だから、一刻も早くこの世からいなくなってほしいと願うしかない



───────────────────────────────────────────────────────────
───────────────────────────────────────────────────────────

児童虐待 ご飯が食べられない




子供のころ、お腹が空いて空いて仕方ない思いをした経験はあるだろうか
お腹空いたと言ったらご飯が出てくる

そんな当たり前の事なのに
こいつらは食事を与えず、小さい子供を餓死させようとしてきた。

嫁は必至に生きてきた
だからもう頑張らなくて良いと私は思う。



───────────────────────────────────────────────────────────
───────────────────────────────────────────────────────────

児童虐待 毎日寝る前に考えること



全部夢だったらよかったのに

現実逃避をすることで、心が完全に壊れる事はなかったのだろう
毎晩、玄関マットで寝る生活
そんなことが出来てしまう人間がこの世に沢山いることを忘れないでほしい。



───────────────────────────────────────────────────────────
───────────────────────────────────────────────────────────

児童虐待 買い物をしている時に考えること




家の人達のご飯は嫁が作っていた
掃除や洗濯、家の事は全てやらされていて
ミスがあると殴られる

小さい子がそんな事出来るわけないが、やらなければならない環境で育ってきた
だからなのか、今でも「完璧」を求めて苦しんでいることが多い。


───────────────────────────────────────────────────────────
───────────────────────────────────────────────────────────

児童虐待 山に置き去りにされた話



家の人に初めて、おでかけしようと言われ
今までこの人達に期待というものをしないで育ってきた嫁も
期待してしまった

小さい子どもにとって、保護者というものは絶対的な存在だ。
だから逆らえないし、逃げて捕まったら何をされるかわからないから逃げられない
周りを巻き込んだら、その人まで何をされるかわからないと思い、助けを求めない

沢山沢山我慢をして育ってきた

だからもう我慢しなくていいよって
好きなことやりなって旦那は言うけど
嫁は好きなことが何なのかわからないし、見つけられないから
だから楽しい時間をこれからも沢山旦那が作っていきたい


───────────────────────────────────────────────────────────
───────────────────────────────────────────────────────────

児童虐待 家の人(女)にぶたれた話




家の人(女)は嫁をいないものとして扱う
そんな人に平手打ちをされて
嬉しくて泣いた。

それだけで、どれだけ異常な生活をしていたかわかるだろうか

───────────────────────────────────────────────────────────
───────────────────────────────────────────────────────────

児童虐待の疑いで児童相談所の職員が来た


 
中学校の担任が児童相談所に通報した話

「虐待の疑い」だから、職員もあまり踏み切った質問ができない
でも今は変わっているかもしれない。こういう事がなくなっているかもしれない。

心で泣いている子ども達を救ってあげて欲しい。



───────────────────────────────────────────────────────────
───────────────────────────────────────────────────────────

児童虐待 お買い物に行ったら…




無理難題を言われ、従っていたら家に入る事が出来なくなった。
嫁を買い物に行かせている間に旅行に行ってしまったから。

近所のおばあちゃんに助けてもらったが、それも気に食わなかったのだろう
というか、虐待している人にとっては、何をしても気に食わないのだろう


───────────────────────────────────────────────────────────
───────────────────────────────────────────────────────────

児童虐待 中学の時にできた彼氏



中学校の時に彼氏ができた
一緒に帰るだけみたいな関係だったし、家の人には言えるはずもなく
彼氏に電話番号も教えることができない

家の人の前では従う以外の選択肢が出てこないが
彼氏のことを守ろうと、ずっと殴られ続けた


───────────────────────────────────────────────────────────
───────────────────────────────────────────────────────────

2月のまとめでした。

児童虐待の事について、少しは知って頂けたかと思います。
本の内容や、ブログに描いてあることは、嫁が経験してきたほんの一部です。

10年間虐待に遭い、家を出ても追いかけられ
今でも後遺症や病気に苦しんでいる。

一週間同じ犬に追いかけられたら、その犬を見ただけで警戒するとは思いますが
人間の言葉を喋ることが出来る相手に10年虐待され続けて、簡単に立ち直ることは出来ません。

それでも嫁は前を向いて生きています。



3月からは旦那目線で、今の嫁が病気と闘っている姿を描けたらいいなと思っています。

それではまた明日。



発売中!(初めから読む


読者登録する